ウェルカムボードにメッセージ入りの写真を飾る

披露宴や二次会のウェルカムボードで良く見られるのが、コルクボードに写真を張ったものです。だいたいは2人の思い出の写真付きだったり、生い立ちの写真だったりと様々ですが、近年アットホームな結婚式が多い中、ゲストを積極的に巻き込んで行う演出が増えています。ウェルカムボードでも見られるのが、チェキなどのインスタントカメラで撮影した写真にメッセージを書き、ボードに貼って皆で作り上げるものなどがあります。結婚式は豪華にというよりは中身を重視した傾向にあるといえます。そしてプランナー様そういった演出であったり、何でも手作りにすることをススメてきます。しかし、手作りしすきるとほかの準備がおろそかになったり、こだわりすぎて時間を大幅に取られてしまうこともあります。ほとほどにしなければいけませんね。そういうとき、さきほど述べたゲスト参加型のものがあれば、メッセージも一人一人からもらえるし、インパクトもあります。また、自分の作業時間も減るので、他のことにも時間をまわすこともできます。何より、結婚式が終わったあと、そのボードを飾ることが出来るので思い出もずっと残っていきます。チェキやフィルム、コルクボードやペンなどはコストも控えめなので、低コストでインパクトのある最高の演出だといえます。

結婚式のウェルカムボード、どんなメッセージを込めるか

結婚式で欠かせないアイテムのひとつにウェルカムボードの存在があります。歓迎の演出に花を添える存在。シンプルに、welcomeと書かれただけの物や日付けと名前が入っただけのもの。写真をコラージュしたり似顔絵で作られたものなど、オリジナル要素をアピールし易いアイテムなので、力作も目立ちます。そんなウェルカムボードに興味を抱くのはこれから自分も作る立場になる、または作ったことのある新婦の友人が多いのも、一生に一度の結婚式を自分達らしくしたい、そう強く思っている乙女心を持った女性が多いからなのではないでしょうか。写真やデザインに目が奪われがちですが、どんな事を伝えたくて作成したのかを見たり作る際にも何を伝えたいのかを明確にして作成すると、オリジナル感はきっとすぐに出るでしょう。と言っても伝えたい事は幸せの報告か、感謝の気持ちか大きく分けるとその2つでは。そして、長々と書くのもなんだか違う。表現するのが難しいですね。でもだからデザインが素敵なウェルカムボードはよく見かけますが、素敵なメッセージ入りのものはなかなか見かけません。面と向かって言えないような恥ずかしいけど大切なメッセージを入れるのは簡単じゃないけどすごく素敵なこと。happywedding、welcome、感謝、にもう一言だけ言葉を付けて、新郎新婦の幸せが表現できれば完璧なのでは、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*